スポンサードリンク
 

薬剤師になるための大学はあるの?

薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
この薬剤師国家試験を受けるためには、大学の薬学部を卒業しなければなりません。

では、薬剤師国家試験に合格するためには、どこの大学に入学するのが良いのでしょうか?

薬剤師国家試験の大学別の結果
薬剤師になるためには、薬学部のある大学に入学しないといけないのは当然なのですが、大学により薬剤師国家試験の結果が大きく異なっています。

大学ごとの薬剤師国家試験の結果を紹介しますが、どこの大学に行ったら薬剤師国家試験に合格できるのかどうかは、明確な答えはありませんので、あくまで参考としてみてください。

平成19年の薬剤師国家試験の合格率は平均で約75%程度となっています。
その中で合格率が高いのは、九州保険福祉大学の97.5%です。
以下、近畿大学が90.29%、共立薬科大学の89.32%となっています。
全体的にみて私立大学が合格率が高くなっています。

国立大学で合格率が高いのは、広島大学の85.14%(全体の12位)、岡山大学の82.35%(同18位)と続いています。

逆に国立大学では偏差値の高い、京都大学、東北大学、九州大学、東京大学、大阪大学などは、50〜60%台の合格率で、大きく平均を割っている結果となっています。
これは、国立大学は薬剤師の国家試験は自主性に任せており、大学の責務とは捉えていないことが大きな理由として挙げられるでしょう。
国立大学は薬剤師よりも研究者になるための大学と考えたほうがよさそうですね。

このように、薬剤師国家試験の受験、薬剤師の養成を目的としている大学はある程度見分けることができると思いますので、薬剤師になるための大学を決める上で参考にはなると思います。

(参考文献:ウィキペディア)
タグ:薬剤師
posted by 薬剤師を目指せ! at 21:46 | 薬剤師になるための大学
 

薬剤師としての就職先

薬剤師にはどのような業務があり、どのようなところに就職ができるのでしょうか。
薬剤師の仕事として一番身近なのは調剤薬局ではないでしょうか。
原則として薬の調剤は医師や歯科医師であっても特別な場合を除いて規制されており、調剤は薬剤師の仕事となっています。

では、調剤以外に薬剤師の仕事はどのようなものがあるのか見てみましょう。

病院薬剤師
当然、病院にも薬剤師が必要です。しかし、最近では調剤薬局が病院内にあることが少なくなり、病院薬剤師の主な仕事は、患者のそばにいて、薬による治療のサポートをする役割を担います。
病院薬剤師は、患者に積極的かつ安全に治療に向かい合ってもらえるよう、使われる薬の使用目的(効果)・使用方法や注意点を説明します。
そして、患者と接して得られるデータや、検査データをもとに副作用の回避や早期発見をする役割があります。

医薬品の製造および販売
医薬品を製造または販売する場合は、薬剤師を配置しないといけないことが薬事法に規定されています。販売とは、調剤薬局のような調剤のみならず一般医薬品の小売についても一部の場合を除いて原則として薬剤師なしでは販売することはできません。
薬剤師は薬の製造メーカー(工場)や一般薬局にも必要とされます。

保健所の職員
保健所とは、地域住民の健康や衛生を支える公的機関の一つであり、地域保健法に基づき都道府県、政令指定都市、中核市その他指定された市又は特別区が設置しているものです。
この保健所の業務の中で、薬局や病院の開設許可業務、食品衛生監視業務や環境・衛生に関する分析業務などが薬剤師としても業務になります。
このように公的機関にも薬剤師の活躍の場があるのです。

学校にも薬剤師が必要
学校保健法の定めにより、主に水質・照度・空気の検査、給食施設の衛生管理等を行うために、学校(大学は除く)には薬剤師の配置が義務付けられています。ただし、常時薬剤師としての仕事があるわけではないので、薬局の薬剤師が非常勤として勤務しているのが実態のようです。

そのほか、麻薬取締官として厚生労働省(勤務地としては地方厚生局など)の役人としても活躍の場があります。

このように薬剤師は、薬局等の職員として働くだけでなく、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどる」ために、いろいろな所に活躍の場があるのです。

(参考文献:ウィキペディア)
タグ:就職 薬剤師
posted by 薬剤師を目指せ! at 16:23 | 薬剤師の就職
 

薬剤師になるため試験

薬剤師の資格を取るためには、薬剤師国家試験に合格する必要があります。
薬剤師国家試験は薬剤師法に規定された国家試験であり、厚生労働省医薬食品局監修で、毎年3月の2日間で行われています。
薬剤師国家試験の合格者には厚生労働大臣より免許が与えられます。

薬剤師国家試験科目
薬剤師国家試験の試験科目は、基礎薬学(1日目午前)・医療薬学(2日目)・衛生薬学(1日目午後)・薬事関係法規および薬事関係制度(1日目午後)となっており、試験問題は薬剤師試験委員により作成されます。

薬剤師国家試験の合格基準
薬剤師国家試験に合格するためには、上に上げた各科目のすべてが35%以上の得点がなければなりません。また総得点は65%以上の得点が必要となりますが、各年の試験の難易度により65%の得点に相当する実際の得点は調整されます。

薬剤師国家試験の試験地
全国の各地方(北海道、宮城県、東京都、石川県または富山県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県、福岡県)で行われます。

このように薬剤師法で規定された薬剤師国家試験に合格した人が、薬剤師としてもの免許を持つことができるのです。

薬剤師国家試験の合格発表は、例年4月の上旬に行われています。
平成19年の合格率は75.58%でした。

合格基準は上に記述したとおりなのですが、受験資格が6年制の新しい薬学部を卒業することになるなど、最近の薬剤師資格の制度変更に伴う当面の新たな薬剤師不足と、今後予想される薬剤師の飽和状態など、この先の薬剤師国家試験の難易度については注意を払う必要があると思われます。

(参考文献:ウィキペディア)
posted by 薬剤師を目指せ! at 15:46 | 薬剤師国家試験
 

薬剤師の資格を取る方法

薬剤師資格を取るためには、薬剤師国家試験に合格する必要があります。
薬剤師国家試験の合格者には厚生労働大臣より薬剤師の免許が与えられます。
しかし、薬剤師国家試験を受けるためには当然ながら、その受験資格があるのです。

薬剤師国家試験受験資格
薬剤師になるための薬剤師国家試験を受験するためには、大学の薬学部を卒業していなければなりません。

平成17年度以前に大学に入学した人は従来の薬学部を卒業すればよいのですが、平成18年度以降に大学に入学した人は、6年制の薬学部薬学科を卒業するか、あるいは、4年制の薬学部薬科学科を卒業し薬科学研究科修士課程又は博士課程を終了するとともに薬局病院実習等の単位習得をして厚生労働大臣の個別認定を受ける必要があります。

ただし、後者の方法は、平成29年までに薬科学科入学した人に対しての経過措置となっています。

また、外国の薬学校を卒業した人又は外国の薬剤師免許を受けた人は、厚生労働大臣が認定すれば薬剤師国家試験の受験資格を与えられます。

ということは、薬剤師になるためには、まず薬学部のある大学に入学する必要があるということです。
その上、最近薬剤師の法律が変わり、薬剤師は医師や歯科医師と同じように新しく6年制の薬学部を卒業しないといけないようになりました。
ただし、経過措置として4年制の薬学部薬科学科卒業でも修士または博士課程終了やその他上記のような条件を満たせば良いということになっています。

いずれにしても、薬剤師への道はさらに険しいものとなったワケです。これも、今後飽和状態と予想される薬剤師の状況を見据えた法改正なのでしょうか?

(参考文献:ウィキペディア)
タグ:薬剤師
posted by 薬剤師を目指せ! at 15:53 | 薬剤師の資格
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。