スポンサードリンク
 

薬剤師としての就職先

薬剤師にはどのような業務があり、どのようなところに就職ができるのでしょうか。
薬剤師の仕事として一番身近なのは調剤薬局ではないでしょうか。
原則として薬の調剤は医師や歯科医師であっても特別な場合を除いて規制されており、調剤は薬剤師の仕事となっています。

では、調剤以外に薬剤師の仕事はどのようなものがあるのか見てみましょう。

病院薬剤師
当然、病院にも薬剤師が必要です。しかし、最近では調剤薬局が病院内にあることが少なくなり、病院薬剤師の主な仕事は、患者のそばにいて、薬による治療のサポートをする役割を担います。
病院薬剤師は、患者に積極的かつ安全に治療に向かい合ってもらえるよう、使われる薬の使用目的(効果)・使用方法や注意点を説明します。
そして、患者と接して得られるデータや、検査データをもとに副作用の回避や早期発見をする役割があります。

医薬品の製造および販売
医薬品を製造または販売する場合は、薬剤師を配置しないといけないことが薬事法に規定されています。販売とは、調剤薬局のような調剤のみならず一般医薬品の小売についても一部の場合を除いて原則として薬剤師なしでは販売することはできません。
薬剤師は薬の製造メーカー(工場)や一般薬局にも必要とされます。

保健所の職員
保健所とは、地域住民の健康や衛生を支える公的機関の一つであり、地域保健法に基づき都道府県、政令指定都市、中核市その他指定された市又は特別区が設置しているものです。
この保健所の業務の中で、薬局や病院の開設許可業務、食品衛生監視業務や環境・衛生に関する分析業務などが薬剤師としても業務になります。
このように公的機関にも薬剤師の活躍の場があるのです。

学校にも薬剤師が必要
学校保健法の定めにより、主に水質・照度・空気の検査、給食施設の衛生管理等を行うために、学校(大学は除く)には薬剤師の配置が義務付けられています。ただし、常時薬剤師としての仕事があるわけではないので、薬局の薬剤師が非常勤として勤務しているのが実態のようです。

そのほか、麻薬取締官として厚生労働省(勤務地としては地方厚生局など)の役人としても活躍の場があります。

このように薬剤師は、薬局等の職員として働くだけでなく、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどる」ために、いろいろな所に活躍の場があるのです。

(参考文献:ウィキペディア)
タグ:就職 薬剤師
posted by 薬剤師を目指せ! at 16:23 | 薬剤師の就職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。